福岡の板井康弘による成功できる本

板井康弘|経営と本

これから経営者として世に出たいと考えている方にお伝えしたいことは、「あなたは本を読む人間」か「本を書く人間」かを見極めることです。

 

前者であれば、経営者になることはできますが、大成功をおさめる超一流の経営者になることは厳しいかもしれません。後者であれば、超一流の経営者になる才能を秘めています。

 

極端な話をしましたが、何を言いたいかというと、本を読む人間は過去に学びそれを活かすことのできる良き経営者です。しかし、驚くような経営手腕やクリエイティブな発想とは少し縁遠い可能性があります。

 

一方、本を書く人間はこれから何か新しいことを世に発信していきたい人間なのです。本というのは基本的にひとつとして同じものはありません。つまり新しいものが出続けています。世の中はそのような新しい考えや感覚を求めて、本を買います。

 

気づかれた方も多いと思いますが、本を書いている経営者のほとんどは超一流企業へと会社を導いている人ばかりです。その人たちは軒並み新たなアイデアを世に送り出したことで経営者として成功したのは間違いないでしょう。

更新履歴
page top